当医院では、最新の技術を駆使し、健康保険治療及び、保険外の治療を行っています。



 
 
歯茎の病気(歯槽膿漏症)の治療
 
今や40歳を過ぎると8割以上の人が歯茎に問題を抱えていると言われています。
   
歯に詰め物をしたりかぶせたりする治療

前歯の場合、歯と同じ色の白い材料を歯の欠けた所に、その日の内に詰める治療や、奥歯の場合、歯型を採って、歯に詰める金属の詰め物や、冠(クラウン)を作って、数日後にその歯に、セメントで付けたりかぶせたりする治療
(ただし、その詰め物やかぶせるものが歯の色に合わせて、特殊な樹脂や陶器で作る場合は、健康保険適用外となります。)
   
歯の根っこの治療(ほとんど歯が痛む場合が多い)。

歯の根っこの管を綺麗に掃除して、痛みを取り除き、根っこの管に、天然のゴム状の樹脂を詰める治療。
   
歯を抜く治療(局所麻酔下にて)。

どうしても、恐怖心が強い方などには、特殊な麻酔をして、痛みをほとんど感じない状態で歯を抜きます(ただし、矯正前処置としての抜歯は健康保険ではできません)。
   
ブリッジ・部分入れ歯の治療
 

歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣りの歯を削って土台とする「ブリッジ」、または「総入れ歯」や金具で固定する「部分入れ歯」などがあります。






しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いたりする場合があります。また、歯が抜けたまま放っておくと、抜けた部分の骨は年数が経つにつれてやせていきます。


 

 




健康保険外の治療としては、インプラント治療やホワイトニングや陶器で作るクラウン(歯の色に合わせた材料で作られており、
ずっと色が変わらないクラウン)などがあります。

 
 
インプラント治療とは?

インプラント治療により、失ってしまった貴方の歯が取り戻せます。歯が1本だけ抜けた場合も、既に数本無い場合も、人口歯根のインプラントなら、自分の歯と同じように食事ができ、不快感も無く、見た目も自然です。


インプラントは、人工歯根療法とも言われ、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯(クラウンやブリッジ)をかぶせる治療方法です。手術によって埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定され、健康な歯のようにかむことができます。
   
こんな方にお勧めします

健全な歯を削りたくない人

歯が1〜2本抜けた場合、両隣りの健全な歯を削ってブリッジにしますが、歯の抜けたところにインプラントを埋入すれば、
健全な歯を削らなくてすみます。(上のイラスト参照)

入れ歯を入れたくない人

入れ歯は入れたくない、入れ歯に違和感を感じる、入れ歯ではしっかりと物がかめない、金具が見えるので困る、
総入れ歯がはずれやい・・・。インプラントでは、根っこごと元のようになるので違和感も少なく、審美的にも良く、
何でも自分の歯のようにかめます。

 料金表1を参照してください。料金表はこちら

 
 

 
特殊なインプラント

当医院では、総入れ歯の方で、入れ歯の安定が悪く(特に下の入れ歯)、あまり噛めないと言う患者様のために、約1−2時間で、インプラントを埋め込んで、その日のうちに今まで使っていた入れ歯まで修理して、
安定を良くすると言う、特殊な治療を行っております。


この治療は、米国で広がりつつある治療で、実際に私が会ってきた患者様は、
83歳で3年前にこの治療を受けられましたが、
翌日より物が噛めるようになり、現在も非常に調子が良いと言っておられました。

また、上の総入れ歯の口蓋の部分が、どうしても気持ち悪く、入れ歯が使いづらいと言う方には、このインプラントを使う事により、口蓋 の部分を削ってしまう事もできます(ただし、口の中の状態にもよります)。

この手術は、ほとんどは局所麻酔だけで、歯茎を切らずに、そのままインプラントを埋め込みますが、骨の状態や歯茎の状態により、まれに歯茎を切る場合もあります。

 料金表2を参照してください。料金表はこちら

 


 
 
アタッチメント義歯


部分入れ歯などがどうしても使えない方や、骨の幅や厚みが無く、骨の移植をしないとインプラントも入れられないが手術などはしたくないと言う方には、アタッチメント義歯と言う方法もあります(磁石を使ったアタッチメント義歯などもあります)

 
 



ホワイトニングとは?  

歯を削ったり、色を塗ったりしないで、約30分から1時間で、歯を白くする方法です(スタイルをシェイプアップするように、お口の中も、シェイプアップしてみませんか?)。 →料金表3、4,5を参照してください。料金表はこちら

 
 

<はじめてのホワイトニング>

ホワイトニングってどうするの?


歯医者さんでする方法
   
ホワイトニングができるかどうか検査をします。同時に、歯の色の診断も行い、写真を撮ります。
そして、状況により歯型を撮ります。
 
歯をしっかり磨き、歯の表面の汚れを取ります。
 
歯の周辺を保護します。
 
ホワイトニング材を歯の表面に塗り、合計30〜60分間、専用のライトで照らします。(個人差により照射時間が変わる事があります。)最後に再度、歯の表面を磨きます。
 
ホワイトニング完了後の歯の色の診断を行い、写真を撮ります。
 
専用の歯磨き粉を購入してもらい(別途1780円)、それを使って、お家で歯磨きをしてもらいます。
 
3ヶ月後にチェックして、必要があればご自宅でホワイトニングをしてもらいます。(タッチアップ材料代6,000円と専用マウスピース代が上下で4,000円かかります。)
     
 
 
 
当医院では、以下の機材を使ってホワイトニングを行っております。
 
 
 
 


 
 
ズーム(ZOOM)ホワイトニング専用ライト
ズームオフィスブリーチングキット
 
       
 
 
 
 
当医院の機材で行うと1時間で真っ白になります。
 
 
 
 
BEFORE

ホワイトニング開始
 
     
 
AFTER
1時間後

ホワイトニング完了
 
     
 
 料金表3を参照してください。料金表はこちら
 
 
 
お家でする方法
   
歯の色の診断を行い、写真を撮ります。
 
専用のマウスピースを作ります。
 
専用のホワイトニング材をマウスピースに入れ、自宅で毎日決められた時間装着します。
   
 
 
 
お家でするホワイトニングに必要なもの
 
 
 
 
 
 
ウイークエンダーキット
タッチアップキット
 
       
  金・土・日曜日で漂白するウイークエンダー使用。
歯型を採ってマウスピースを作成します。
オワイトニング材がなくなってしまったらホームブリーチング用としてお買い求めください。
 
       
 
 料金表4を参照してください。料金表はこちら
 料金表5を参照してください。料金表はこちら
 
 
 
 
 
ホームブリーチングでは3日後に真っ白になります。
 
       
 
BEFORE

ホームブリーチング開始
 
     
 
AFTER
3日後

ホームブリーチング完了
 
 

<Q & A>

ホワイトニングについてのよくある質問にお答えします。
   
Q
どうやって歯を白くできるの?
A
歯の変色には、加齢のよるもの、コーヒーやお茶、赤ワインなど歯の表面から沈着するもの、薬物によるものなど色々あります。(ただし、個人差があります。)ホワイトニングはホワイトニング材を歯の表面からしみこませ、歯の中の色素を分解させる方法です。
   
Q
ホワイトニングは安全ですか?
A
ホワイトニング材はアメリカでもその安全性が証明されています。また、歯医者さんで行う場合に使用するライトは最新工学技術を使用して、紫外線や赤外線をカットしており発熱がほとんどなく安全です。
   
Q
痛くないの?
A
歯医者さんでホワイトニングを行う場合、最新の器材で行いますのでほとんど痛みが出ません。お家で行う場合にも、まれに知覚過敏(歯がしみるような症状)が起きる事がありますが、使用を一時中断することにより、症状は軽減または消失します。また、人によっては治療後に軽い違和感を感じる事があるかもしれませんが、短期間ですぐに緩和します。
   
Q
どのくらい時間がかかりますか?
A
歯医者さんでホワイトニングを行う場合、わずか30〜60分ほどで歯の色が変わります。ヘアカット、マニュキュアあるいは、お茶を飲む時間ほどででき、とても簡単です。
   
Q
歯の白さはどのくらい持続できるの?
A
効果が持続する期間は飲食習慣や歯の構造によって個人差があります。より長く白さを維持するためには定期的なクリーニングとホワイトニングをお勧めします。


 
 


 
  保険外の口腔外科処置

骨の厚みや幅が無く、インプラントが打てない場合に、骨を他の部位から移植してきたり、骨を切って伸ばす事により(仮骨延長法と言います)、インプラントが打てるようにする治療です。
 
 



Copyright 2004 by Arima-Shika. All rights reserved.
Produced by ● ゴジラRFC